豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書№ 11 | 豊田町観光協会

1/5

豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書№ 11

¥1,100 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

サイズ:B5サイズ:182×257㎜
重さ:628g
ページ数:208ページ

《原著》
・Seesamut TEERAPONG, Ikuhiko KIN, Panha SOMSAK, Yuichi OBA : Update on northernmost distribution of the luminous earthworm Microscolex phosphoreus (Duges, 1837) in Japan, and their DNA and size variations [ホタルミミズの北限記録更新とその遺伝子および体サイズの解析]
・Benjamin T. BREEDEN III, Kentaro IZUMI : A review of the vertebrate fossil assemblage from the Lower Jurassic Nishinakayama Formation in the Ischimachi district of Toyota Town, Yamaguchi Prefecture, Japan [豊田町石町の下部ジュラ系西中山層産の脊椎動物化石]
・Kentaro IZUMI, David B. KEMP, Benjamin T. BREEDEN III : The Nishinakayama Formation (Toyora Group) exposed along the Era River revisited: Preliminary report on recent outcrop condition and lithology [江良川沿いに分布する豊浦層群西中山層への再訪:近年の露頭状況及び岩相について]
・北畠京祐・泉 賢太郎・大越健嗣 : 山口県下関市の下部ジュラ系豊浦層群西中山層から産出する生痕化石Phycosiphonの層位変化 [Stratigraphic variation of the trace fossil Phycosiphon from the Lower Jurassic Nishinakayama Formation, Toyora Group, Yamaguchi Prefecture, Japan]

《報告》
・久志本鉄平 : 下関市吉母のタカラガイ科の10年間の記録
・田中伸一:山口県産半翅目目録
・辻 雄介:山口県のゴキブリ目Blattodea(I)
・後藤 好正:ホタルが取り上げられた七不思議について
・辻 雄介:山口県に分布するコナジラミ上科・アブラムシ上科・カイガラムシ上科の目録
・松田真紀子:海浜で観察された数種類の節足動物の捕食行動 ・川野敬介:ゲンジボタル雄の飛翔時の発光範囲

《短報》
・川野敬介:ゲンジボタルの発光細胞の発光
・増野和幸:下関市豊北町で記録した新たな陸産貝類と外来種オオクビキレガイの産地

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,100 税込

最近チェックした商品
    その他の商品